暑い夏こそこれ…!熱いサウンドです。

暑い夏こそ冷たく冷やしたビール…!なんて方もたくさんいらっしゃることでしょう。特に近年の日本の夏の暑さに一際冷たいビールは最高…!ですね。そしてもう一つ、私にとっての最高なひとときは、こんな暑い夏こそこのHerbie Hancock の『Takin’ Off 』を聴きながら熱いサウンドに浸る…そんな時です。Herbie Hancock のアルバムの中で最も好きな1枚です。バンドメンバーの一人、Dexter Gordon が意外にも!素晴らしく彼(Herbie )の世界感に溶け込んでいて、私のイメージするGordon とはまた違ったサウンドに魅せられます。でも、Gordon ならではの得意技⁉︎も見え隠れして、それに応えるかの様に、リーダーであるHerbie Hancock のピアノがなんというのか…キャッチーで楽しそうに聴こえてきます。今日はこの私の大好きなアルバムの中から『Watermelon Man 』をお贈りします。ウ〜ん…やっぱり暑い夏には冷たいビールとこのサウンドです…笑。もし、このアルバムに興味を持った人は、是非、最後の曲『Alone And I 』も聴いてみて下さい。Herbie のピアノがとってもリリカルでBill Evans を感じるアプローチも素敵なバラードです。さあ、まだまだ続きそうな暑い残暑…熱くカッコいいジャズのレジェンド達の演奏を聴きながら、楽しく乗り越えて下さいね。あなたにとって「素敵な夏の思い出」が一杯!になりますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。