切なく響く音色…

今日は私の大好きなバラードナンバーをお贈りしようと思います。なんとなく寂しい気持ちになったり、ちょっぴり切なくなった時に聴きたくなる曲です。Benny Golson が亡きClifford Brown を偲んで作曲した『I Remember Clifford 』。この曲を静かに聴いているとトランペットのLee Morgan の切ない響きに涙が出そうになり、それと同時に別のところから何かあたたかい物に包まれている自分がいる事を感じます。メロディの美しさは当然の事ながら、Lee Morgan の静かに語りかけるような艶っぽい音色、そしてさらに繰り広げられるソロは天才的です。大好きな曲なので私もピアノソロや、ピアノトリオで演奏をよくしますが、聴いて頂いているお客様に、そんな切なさ、あたたかさ、が伝わったら…と思っています。このアルバムは、作曲したTenor Sax のBenny Golson も入り、Alto Sax のGigi Gryce と素晴らしいハーモニーでのサウンドは、もう本当に理屈抜きで溜め息がでるほどの美しさです。GW 最後の今日は、是非ゆっくりとLee Morgan のトランペットをジャズバラードナンバーで味わってみるのも素敵な時間です。ゆっくり寛いだなひとときになりますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です