やっぱりGuitarは!

秋晴れの気持ちいい季節ですね。今日は、私のオススメの曲の中では珍しいE.Guiter のカッコよさ!を感じさせてくれる一曲です。先日の曲でオススメしたJoe Sample もメンバーの一人でもあるThe Crusaders の曲です。むちゃくちゃ古くて!当然私自身、オンタイムでは知らないのですが、ジャズ、ファンクが大好きでとりつかれた!ようにそのジャンルの曲を聴いていた大学生の時代に知りました。Spiral という曲ですが、とにかく只々カッコいい!特にこの曲は、メンバーの一人でもあるラリー・カールトンのギターに酔いしれてしまいます。そして、このカッコよいグルーヴを作り上げているStix Hooper の存在も忘れてはいけません。ものすごく迫力のある音色のドラマーなのですが、身体がファンクの塊のような!迫力がある音量なのにファンク独特の抜けた感じ、でも安定したグルーヴ、もしかしたらバスドラムのタイミング?、、、と勝手に考えたりしていますが…(笑)ドラマーのお話ばかりになってしまいましたが、このSpiral という曲を聴いたら、きっとラリー・カールトンのギターのプレイと共にドライブにでも出かけたくなってしまいますよ!くれぐれもこのフレーズにノリすぎて!スピードの出し過ぎには注意してくださいね(笑)さあ!気持ち良くファンキーな曲を聴きながら、日本の素敵な秋晴れの風と共に今週も頑張りましょう!「頑張るぞ!」と一発奮起させてくれるさせてくれるグルーヴですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です