命の尊さ…。

夜風が秋の空気を感じさせてくれるようになってきました。とはいってもまだまだ暑い日もありそうです。夏の疲れが出てこないように無理のない日々を過ごして下さいね。話は全く変わりますが、最近、小さな子供が亡くなるニュースを本当によく耳にします。虐待が本当に多い…。さらに、子供にとっては大好きで、絶対的な存在であるはずのママ、あるいはパパからうけています。私は、綺麗事を言うつもりは全くありませんが、子供は私達大人が守っていかなければならない、小さくて儚くて弱い人間であると思っています。ましてや、2才や3才の子供なんてとにかく可愛くて小さくて…。子育てで大変なママもいらっしゃるでしょう。でも、やっぱり生命を持って生まれきた子、大切にしてあげて下さい。当たり前の事ですが、誰もがみんな最初は子供だったんです。無責任かもしれませんが、そんな大変でいっぱいいっぱいで子供を育てているママにこの曲を贈ります。Stevie WonderのIsn’t She Lovely という曲です。この曲は、彼の娘、Aishaちゃんが生まれた時に、奥様とAishaちゃんに向けて作った曲です。「君がこの子を宿してくれたからAishaと出会えたんだよ!僕達の愛から生まれた生命ってなんて尊く可愛いんだろう!」素敵な言葉ですね。曲の素晴らしさは当然の事ながら、歌詞も本当に素敵です。その、今ちっちゃな子が何年かして大きくなって、この曲を一緒に聴いたらそれまでの思い出も合わせてもっともっとhappyを共有できますよ、きっと…。生命は尊いものです。大切な宝物である命を持っている事に幸せを感じながら、是非この曲を聴いて下さいね。明日もまた素敵な一日になりますように…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です